2017年 04月 17日 ( 1 )

カルトナージュで時計作品

ご訪問ありがとうございます。

花冷えの後に夏日と、
目まぐるしく変わるお天気に
主婦は大忙しです。

冬物クリーニングに出しても大丈夫?
ですよね?
さすがに4月中旬を過ぎたのですからね。

GW前にやっておきたい家事がいっぱい。
時間が欲しい!

というわけで、時間繋がり作品
(かなり無理がありますが、)

カルトナージュで作る時計作品
Tさんの作品です。
ひと昔前には随分と流行った作品です。
難しいテクニックはないのですが、
重ねるカートンの枚数とデザインで、お時間のかかり方が
違います。


a0175630_22232326.jpg

Tさん、文字部分をビーズで装飾
リバティ柄を生かすために、ドットを使用
裏もひと手間かけてあります。

シンプルですがお部屋のアクセントになりそうですね。
ず~~と前に↑のタイプの時計製作なさったSさん、
「まだ、動いていていますよ。」とのお言葉。

わが家のカルトナージュで制作した時計は、
いったい何処へ行ったのでしょうか?
(たぶん、アトリエの上にある収納棚ですね。)148.png



by salon-cartonnage | 2017-04-17 22:47 | カルトナージュ